猫はワインを飲んでも大丈夫?【答え:絶対にNGです。】

「猫はワインを飲んでも大丈夫なのでしょうか?あと…飲んだらどうなりますか?教えてください。」
こういった質問に答えています。

最近はフルーティーで飲みやすいワインも多いので、うっかり目を離した隙に舐めてしまう可能性もあります。でもなぜか、アルコールの危険性についての認知度は低いようです。

  • 猫はワインを飲んでも大丈夫?
  • 猫がワインを飲んだ時の対処法
  • 猫にワインを飲ませないために

上記のようなトピックを扱っています。

猫はワインを飲んでも大丈夫?【答え:絶対にNGです。】

猫にワインを絶対に与えてはいけません。猫にとってアルコールはとても危険なものです。

猫はアルコールを分解できない

猫は、アルコールを分解する酵素を保有していません。ですから、摂取したアルコールは無毒化されることなく、体内に長時間残り悪影響をおよぼします。

人であればワインを飲んで酔っぱらっても、二日酔いになる程度ですみますが、猫では話がぜんぜん違ってきます。

猫がワインを飲むとどうなる?

アルコールには脳を麻痺させる性質があります。猫はアルコールを無毒化できないので、その影響をまともに受けてしまい、その症状は顕著にあらわれるでしょう。

アルコール中毒の症状

・まっすぐに歩けない
・立つことができない
・意識がもうろうとする
・意識がなくなる
・昏睡状態に陥る
・呼吸数の低下
・心肺停止

上記のとおり。

最終的には生命維持にかかわる脳の中枢神経までも麻痺してしまい、呼吸や心臓を停止させ死に至ります。これが「アルコール中毒」です。
「ほんの少しなら…」という考えが、非常に危険だということがわかります。

ぶどう中毒の原因になる可能性

最近、犬がぶどうを食べると急性腎不全になる可能性があることが分かっています。猫による症例はありませんが、臨床現場では猫にぶどうは食べさせてはいけないものと認識されているようです。

ワインも原材料にぶどうを使用していますから、ぶどう中毒になる可能性があるでしょう。

ぶどう中毒の症状

・嘔吐
・下痢
・食欲不振
・意識がもうろうとする
・尿の量が多い
・症状が進むと尿が出なくなる

上記のとおり。

まだ詳しいことはわかっていませんが、どんな種類のぶどうでも中毒になると言われています。

結論:猫にはアルコール全般NG

こういったことから、「猫にワインは絶対に飲ませてはいけない」ということがはっきり分かりますね。

アルコール中毒+ぶどう中毒=ワインは最悪の飲み物

猫にとってワインは本当に摂取してはいけない飲み物です。

猫がワインを飲んでしまった時の対処法


「猫がワインを舐めてしまった!」という場合の対処法をご紹介します。

少量であっても必ず動物病院で診察を受ける

どのくらいの量で症状が出るかは、猫によって違います。ごく少量でも症状が出る可能性は十分あるでしょう。
もし猫がワインを誤飲してしまったら、すぐに動物病院に連絡して指示を仰ぎ、診察を受けるようにしてください。

「症状も出てないし、大丈夫だろう…」と考えるのは危険。

アルコールが体内に残ることで、急性アルコール中毒を起こしてしまうと、そのまま死んでしまうケースも少なくありません。内臓にダメージが残る恐れもあります。猫の命を助けるのと同時に、体のダメージも軽減させるためにも、はやめの対処が大切です。

猫がワインを飲まないために…


ワインがどれだけ猫にとって危険かを見てきました。ワインによる事故も防ぎたいですよね。どうすればいいのでしょう?

甘い香りのワインの盗み飲みには注意!

ワインの種類によっては、甘い香りがするものもありますよね。ニオイを嗅ぐだけで、あまり興味を示さない猫の方が多いですが、まれにペロッと口にしてしまう猫ちゃんもいるようです。猫が飲まないよう。見張っておく必要がありますね。

こぼれたお酒を飲んでしまうケース

うっかりこぼしてしまったワインを舐めてしまうケースもよくあるようです。タオルを取りにいく間にペロリ…、キャットフードにかかったワインをパクッ…、などいろいろな状況が考えられます。

こぼしてしまった時は、まず猫を隔離しておいて、それから落ちているワインを拭くのが良さそうですね。

飲ませようとする人にも注意して!

たまに、酔うとペットにもお酒を飲ませようとする人もいますよね。これはとても迷惑。すぐに猫をその人から離すか、角が立たない範囲でキッパリと断ってください。

「猫にはワインを絶対に飲ませないようにしているの。だからやめてね。」と言えるかもしれません。それでも飲ませようとするなら、猫を別の部屋に移動させた方が安全です。

まとめ:猫にワインを飲ませても大丈夫?

答え:猫にワインは絶対に飲ませてはいけません。

猫によっては、ほんの一口でも死にいたることがあります。ワインは美味しいですが、飼い主さんだけで楽しむようにしましょう。

もしも友人が悪ふさけで飲ませようとしたら、キッパリ断って猫を守ってあげてください。