猫を1部屋に閉じ込めて留守番させると、ストレスになるのでしょうか?

いろいろな事情があり、猫を部屋に留守番させたい。でも猫を1部屋に閉じ込めるとかなりのストレスになるのでしょうか?

気になると、どうすればいいか分からなくなりますよね。

そこで今回は、ストレスになるのかならないのか、飼っている環境で変わるということを解説していきます。

ストレスフリーで猫を留守番させる助けになります。

猫を1部屋に閉じ込めて留守番させると、ストレスになるのでしょうか?

答えは「なる場合もならない場合もあります。」それを決めるのは、普段どの程度まで猫を放し飼いにしているか?ということ。

ストレスになる場合

普段から、部屋を自由に行き来している猫ちゃんは、1部屋に閉じ込められるとストレスを感じることがあります。

僕の飼っている猫たちもこのグループ。我が家の猫たちは、家の中ならどこでも自由気ままに生活していて。

以前、猫が入っていると知らずに部屋に閉じ込めてしまったことがありました。そうしたら、帰ってきた後に「ニャーニャー」ないている事に気付き、開けてみると中でウンチまでしていました。

かなりショックでしたね、、、

それからというもの、出かける時は必ず部屋のドアはちょっとだけ開けておくようにしています。

このように、普段からいくつもの部屋に自由に行き来できる環境に生活している猫は、1部屋に閉じ込められるとストレスを感じることがあります。

ストレスにならない場合

一方、普段から1部屋のみで生活している猫にとって、1部屋に閉じ込められることはそれほどストレスにはならないかもしれません。

例えば、ワンルームマンションに住んでいる猫や、決まった猫部屋のみで生活している猫ですね。

普段から1部屋のみを縄張りとしている猫にとって、その部屋は安心できるので、お留守番もこなせちゃうというわけです。

ポイント:猫の縄張りを意識してお留守番させる


猫をお留守番させるとき、猫の縄張りを意識してあげると、ストレスなくお留守番できる広さを知ることができますよ。

「じゃあ、今まで自由だった猫を1部屋で飼う場合はどうなの?」
これも結局は、猫がどこまでを自分の縄張りとしているかで決まってくるでしょう。

縄張りは食料の豊かさによって変動する

1部屋だけで飼おうとする場合、部屋にいればエサが用意されており、エサに困ることがない状況であれば、縄張りの範囲を小さくすることができます。

ですからこれから猫を1部屋でお留守番させたいとき、お留守番させたい部屋にエサ、トイレ、ベッド、キャットタワー、爪とぎ、おもちゃなど、必要なものをすべて完備させておけば縄張りが小さくなる可能性があります。

とはいえ、1日だけやっても意味はありません。猫がその部屋を縄張りと認定するまでやる必要があります。徐々に狭めていくのがいいでしょう。

短時間ならケージで留守番もOK

方向転換がやっとの狭いケージなら1時間。
3階建の大きなケージなら半日程度。

お留守番させることができると思います。

もちろん個体差によってまちまちなので、飼っている猫に合わせて時間調整をしてあげてください。

さすがに1日ケージの中でお留守番させるのはおすすめしないですね。

なぜなら、猫は縄張りのパトロールをしたり、運動(狩り)をするからです。それにはある程度のスペースが必要で、ケージだけでは満足に運動することはできません。

病気で隔離していたり、どうしてもって時はしょうがないですが、なるべく広い範囲を移動できる方が、猫にとってはいいのではないかと思います。

まとめ:猫を1部屋で留守番させる

猫の縄張りによってストレスは決まる

  • ストレスになる:普段から、部屋を自由に行き来している猫
  • ストレスにならない:普段から1部屋のみで生活している猫

上記のとおり

もしも縄張りを小さくしようとするなら、生活に必要なグッズを1部屋にすべて揃える。といった方法もあります。

お家や生活スタイルに合わせて、猫ちゃんをお留守番させましょう。