なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

トイガー Toyger

トイガーの基本情報

体重 5〜10kg
ボディタイプ セミフォーリン
毛の種類 短毛種
毛の色 ブラウン・マッカレル・タビー
性格 非常に頭がよく、人なつこい。外交的で、エネルギッシュに遊ぶ。
登録団体 TICA

トイガーの特徴

トラのようなストライプ模様

トイガーのストライプ模様は、ほかの猫たちには見られない独特なものだ。

垂直方向にランダムに入るストライプは、途切れたり、枝分かれしたりしている。

まだまだ開発段階にある猫種であるゆえに、模様の出方は個体によってちがう。

輝く被毛

柔らかく密に生えた被毛は、「グリッター」という金色に輝く毛が混じる。

これによりトラのようなオレンジ色の被毛が、より一層輝いて見える。

まるで小さなトラ

トイガーは「デザイナーズキャット」という、2つ以上の品種のハイブリッドで、慎重な計画交配によって作り出された猫である。

被毛に限らず、

・中型で筋肉質な体
・足の長さは中くらいの長さ
・指が長いため、足先が大きく見える
・頬に輪のような模様
・額に山型の模様
・細長い顔とふくよかなウィスカーパッド

などなど、細かいところに至るまでトラに似せようとしている。

おおらかで、頭がよい

ワイルドな外見をしているが、性格はとても外交的だ。

とても頭がよい猫なので、ほかの猫とも仲良くなれるし、リードで散歩に行くことや、投げたおもちゃをとってくることも学習する。

本当にトラを飼いならしたという、不思議な感覚をもたらすだろう。

トイガーの歴史


トイガーを誕生させたのは、ジュディー・サグデンという人物。
(彼女は、ベンガルのブリーダーで著名な、ジーン・サグデン・ミルの娘である。)

1980年代、彼女はより明瞭なマッカレル・タビーをもつイエネコを繁殖させようと奮闘していた。

ある時、飼っていたベンガルの子猫の中に、トラのような顔模様を持った猫を偶然発見。

これに可能性を感じたジュディは、ワイルドな容姿をもつイエネコの作出に乗り出したのだ。

トイガー初期の交配

トイガー開発の初期段階で基礎となった2匹の猫は、下記のとおり。

「スクラップメタル」
短毛で、胴体に美しく均一なストライプが入ったタビーのブリティッシュショートヘア
「ミルウッド・ランプルド・スポットスキン」
大きなベンガル

ジュディはさらに、1993年、インド・カシミール地方から、「ジャムブルー」という珍しいスポットの入ったオス猫を取り寄せ、計画交配に加えた。

トイガーはトラに似ているが、野生の血を取り入れて、作り出されたのものではない。

こうして独特の模様と理想的な体型を目指し、慎重な計画交配を続けた。

公認への道

当初は「カリフォルニアトイガー」と呼ばれていたこの新種は、1993年に初めてTICAに認定された。

2000年にはプレリミナリー・ニュー・ブリードに昇格し、
2007年2月にチャンピオンシップ・ステータスとして完全に認定されている。

トイガーは新しい種で、依然として希少。
計画交配は現在も続いている。