エキゾチックショートヘア Exotic Shorthair

エキゾチックショートヘアの基本情報

体重 3kg〜5.5kg
ボディタイプ コビー
毛の種類 セミロング
毛の色 すべての色
性格 愛情深く、おっとりしている。運動量が少なく、眠ることが大好き。
登録団体 CFA、TICA、FIFe、GCCF

エキゾチックショートヘアの特徴

短毛のペルシャ

エキゾチックショートヘアを、ひとことで言ってしまえば「短毛のペルシャ」である。

猫種のスタンダード(理想とする形)においても、被毛以外のすべての項目でペルシャと一致している。

毛が短い=オシャレをしていないペルシャということで、「パジャマ姿のペルシャ」とも呼ばれている。

被毛が短い分、手入れも比較的簡単だ。

穏やかな性格

性格もペルシャの穏やかな性格を受け継いでおり、とても愛情深く、おっとりしている。

つぶれた鼻

エキゾチックショートヘアのブレイク(眉間と鼻の間にあるくぼみ)は特徴的だ。

ぶちゃっとつぶれたような鼻の形をしているので、「ブサ可愛」として熱狂的なファンも多い。

外見

がっしりとした体と太く短い四肢を持つ。
頭部は丸い形で、つぶれたような鼻が特徴的。

また、びっくりしたようなまんまるの目は、離れ気味についており、鼻とともになんとも言えない可愛らしさを出している。

尾は比較的短いが、胴の長さとのバランスがよい。

エキゾチックショートヘアの歴史


エキゾチックショートヘアが誕生したのは1960年代はじめのこと。アメリカンショートヘアのブリーダーたちが、ペルシャと交配させたのが始まりだ。

ところが、生まれてきた子猫たちは、どうみてもアメリカンショートヘアではなかった。
しかも交配を繰り返していくうちに、体型もだんだんペルシャよりになっていったのだ。

多くのブリーダーが懸念を示す中、CFAの審査員であるジェーン・マーティンクがこの猫たちに注目し、「新種として認定してはどうか?」と提案。

その結果、1967年に公認されることとなったのである。

この新種は当初「スターリング」と呼ばれていたが、その後さまざまな毛色が認められたため「エキゾチックショートヘア」と改名された。

ちなみに、エキゾチックショートヘアの子猫の中には、必ず長毛の個体が見られる。

このエキゾチックロングヘアについては、登録団体によって見解の違いがあり、品種として公認している団体もあれば、ペルシャとして分類している団体もある。