シャム Siamese

シャムの基本情報

体重 2.5〜4kg
ボディタイプ オリエンタル
毛の種類 短毛種
毛の色 シールポイント、ブルーポイント、チョコレートポイント、ライラックポイント、タビーポイント、レッドポイント
性格 わがままで神経質な面もあるが、とても賢く、遊び好き。
登録団体 CFA、TICA、FIFe、GCCF

シャムの特徴


シャムは別名「サイアミーズ」とも呼ばれている。

ポイントカラー

シャムの外見の特徴は、顔、耳、四肢、尾にあらわれるポイントカラー。

これは体温の低い部分の毛が濃くなるというもので、高齢猫になるほど全体的に色が濃くなるという。

シャムのポイントカラーの種類

  • シールポイント(濃い茶色)
  • ブルーポイント
  • チョコレートポイント
  • ライラックポイント
  • タビーポイント
  • レッドポイント

サファイアブルーの瞳

サファイアのような美しい目をもつシャム。
公認されている目の色は、鮮やかではっきりしているサファイアブルーのみ。

とてもおしゃべり

シャムはよく鳴くことでも有名。

これはシャムがとても賢い猫であり、飼い主に言うべきことがたくさんあるからだ。

一人っきりになるのが苦手…

シャムは周囲と関わり、コミュニケーションを取るのが好きなので、一人っきりになるのは少々苦手。

とはいえ逆にいえば、積極的に猫と関わりたいという家族にはうってつけの猫。
どんな遊びも好み、ボールをとってくることだってできる。

そんなシャムと一緒にいるのは楽しいし、素晴らしいペットとなってくれるだろう。

シャムの歴史


明確な原産地は分かっていないが、エジプトからシャム(タイ王国の旧称)にやってきたとする説がある。

タイではシャムを王室の飼い猫としていた。
そのためかつては王族や貴族など、高貴な家庭でのみ飼うことが許されていた、神聖な猫だった。

シャムの記録としてもっとも古いのは、タイ・バンコクの国立図書館に所蔵されている『Tamra Maew(猫の詩)』だ。

これはアユタヤ王朝時代(1350〜1767年)に書かれたもので、シャムの詩とイラストが載せられている。

シャムがタイ以外で有名になるのは、意外にも19世期に入ってからのこと。

イギリス

1884年にタイの王族からイギリス領事へ2匹のシャムが贈られた。
翌1885年にキャットショーに出陳され、1892年には初めてシャムのスタンダードが作成される。

アメリカ

一方アメリカへ渡ったのは1879年、バンコクのアメリカ領事からアメリカ大統領ラザフォード・B・ヘイズの夫人に贈られた1匹のシャム。

シャムはすぐにホワイトハウスになじみ、大統領一家もスタッフたちもその虜になったという。

その後も、何人かのアメリカ大統領は、ホワイトハウスでシャムを飼っている。

1906年にはCFAが、1979年にはTICAでチャンピオンシップに公認され、シャムの人気は急上昇していく。

シャムの豆知識

ブリーディングに対する考え方の変化

1960年代になると、シャムに関してブリーダーたちの間で論争が起こった。

・従来の頭部が丸く、がっしりとした体型
・細長い頭部と、究極のスレンダーボディ

上記のとおり、理想とされるシャムの外見が真っ二つに割れたのだ。

スレンダーボディは「エクストリーム」と呼ばれ、
従来のタイプは「トラディショナル」「オールドスタイル」「アップルヘッド」と呼ばれる。

なお現在の主流はエクストリームで、トラディショナルタイプを独立した猫種として認定しようとする動きもある。

本サイトではトラディショナルタイプを「タイ」として分類した。