ピーターボールド Peterbald

ピーターボールドの基本情報

体重 3.0〜4.0kg
ボディタイプ オリエンタル
毛の種類 無毛種
毛の色 すべての色
性格 遊び好きで、活発。とても社交的で、陽気なすがたを見せる。
登録団体 TICA、FIFe

ピーターボールドの特徴

毛がないことが最大の特徴

ピーターボールドには5種類の被毛タイプがある。

ネイキッド 生まれた時から体毛を一切もたず、一生を無毛のまま過ごす。皮膚は吸いつくようにしっとりしている。
シャモア 手触りは乾いていて、とても柔らかい。スエードまたは桃のような被毛を持っている。
フロック 非常に柔らかい、ちぢれ毛やカールや綿毛のような被毛を持っている。長さはさまざま。
ブラッシュ 長さが5mmくらいのワイヤーヘアが全身を密に覆っている。
ストレート 通常の直毛の被毛。脱毛の遺伝子を持っていない。

上記のとおり。
ストレートはピーターボールドとして登録できても、キャットショーに出陳することはできない。

また、被毛を持って生まれても、時間とともに脱毛することがある。

無毛の注意点

天候に敏感

人間の肌と同じように、紫外線には気をつけなければいけない。

また、毛がないと寒いので、冬には暖かくしてあげる必要がある。

天候の影響を受けない室内飼いが望ましい。

お風呂に入れる

通常の猫は被毛に皮脂が吸収されるが、無毛だと吸収されず皮膚トラブルを起こすので、隔週で入浴させる必要がある。

とはいえ、頻繁に洗ってしまうと、よけいに皮脂を生成して逆効果になる可能性もある。

愛らしい性格

ピーターボールドはとても活発で、遊び疲れるまで元気に遊ぶ。

気が済むと飼い主のひざや肩の上によじ登って丸くなる。

また社交的なので、他のペット、子ども、見知らぬ人とさえ仲良くすることができる。

ピーターボールドの歴史


ピーターボールドは比較的新しい猫種。

誕生したのは1990年代、ロシア北西部にあるサンクトペテルブルク。

オルガ・S・ミノロワが、ドンスフィンクスとオリエンタルを交配させたことに始まる。

交配の結果、4匹の子猫が生まれた。
そのうち「ノクターン」と名付けられたオスと、オリエンタルやシャムを交配させて生まれたのが、ピーターボールドである。

猫種名は「Sankt Peterburg(サンクトペテルブルク)」と「Bald(無毛)」を組み合わせた造語で、

1997年にロシアのSFF(選抜猫種連盟)に公認され、

1997年にはTICAのニュー・ブリード・ステータスに認定された。
そして2006年にはチャンピオンシップ・ステータスに昇格。

2008年5月には、ブラッシュのピーターボールドも認められている。