なじめばきまま Written by Fukutaro Sugiyama

猫の肉球が香ばしい匂いがするのはなぜ?【2つの理由を解説します】

「猫の肉球の匂いを嗅ぐのが大好きです。あのなんとも言えない匂いに引きつけられます。」
こんな経験はありませんか?

あの独特な香ばしい匂いは、猫や飼い主の感じ方によって違うようです。

ざまざまな表現がありますが、なぜあのような香ばしい匂いがするのでしょうか?

この記事を読んで確かめてみましょう。

本記事の目次

  • 猫の肉球が香ばしい匂いがする理由
  • 猫によって違う!?さまざまな匂いの表現

さっそく見ていきましょう。

猫の肉球が香ばしい匂いがする理由


猫の肉球から香ばしい匂いがする、という話は、猫を飼っている方なら1度は経験したことがあるでしょう。

しかしながら、香ばしい匂いがする原因はまだ解明されていないようです。

ですから、今考えられている説をご紹介しましょう。
大きく分けると下記の2つになります。

  • 肉球に住んでいる細菌の匂い
  • 皮脂や汗などの体臭が混ざった匂い

順番に解説していきます。

肉球に住んでいる細菌説

ほとんどの動物の皮膚には多くの微生物が住みついています。

そんな中、香ばしいポップコーンのような匂いは、酵母菌またはプロテウス菌が原因である可能性があります。

どちらも甘いコーントルティーヤのような香りを発することで知られているのです。

酵母菌

英語でイースト菌のことで、自然界のあらゆる場所にいる。もちろん猫の耳や手足で繁殖する酵母が原因である可能性。

プロテウス菌

プロテウス菌という生物の腸内細菌の一種は、甘いトウモロコシのような匂いを発する。

こうしたポップコーンのような匂いは猫に限らず、犬の肉球やインコのおでこなどでもするそうで。
いわゆる”動物の匂い”なのかもしれませんね。

皮脂や汗などが混ざった体臭説

もう一つの説は、皮脂や汗などが細菌と混ざって、結果として香ばしい匂いになるというもの。

肉球には、汗腺(かんせん)と呼ばれる汗が出る器官があります。

そこから出る汗が、先ほど紹介したさまざまな細菌と混ざって、香ばしい匂いを発しているのかもしれません。

ちなみに、肉球の香ばしさは猫によって個体差がある

この違いは汗などの成分が違うからなのでしょうかね。

猫によって違う!?さまざまな匂いの表現

あなたの愛猫の肉球はどんな匂いがしますか?

実は、飼い主さんによって若干感じ方が違います。

・ポップコーンのような香ばしい匂い
・香ばしさの中にちょっとフルーティさがある匂い
・湿った枝豆のような匂い
・濡れたままの靴下を嗅いだ時の匂い

上記のとおり、さまざまです。

感じ方が違うのは脳の思い込み

人は匂いをかぐと脳が反応して、記憶や感覚に関する部位とつながります。

アロマをかぐとリラックスするのは、まさにこれを利用しているからです。

つまり、肉球の匂いと、どの記憶をつなげるかは、人によって違うので、肉球の匂いをかぐと良い匂いと思う人もいれば、嫌な匂いと感じる人もいるのです。

もちろん猫による個体差もありますが、飼い主さんの感じ方の違いも大きいということですね。

まとめ:猫の肉球が香ばしい匂い

猫の肉球が香ばしい匂いがする理由について解説してきました。

猫を飼ったことがある方なら、1度は肉球の匂いをかいでいることでしょう。

猫の肉球は、可愛い見た目(視覚)やぷにぷにとした触りごごち(触覚)だけでなく、香ばしい匂い(嗅覚)でも僕たちを虜にしてくれる、

まさに奇跡の部位なのかもしれません。