猫にパイナップルを与えても大丈夫?【答え:果肉のみ大丈夫です。】

「猫がパイナップルにかじりついて心配…。パイナップルって猫に害があるのでしょうか?あと、大丈夫なら与え方のコツも教えてください。」
こんな疑問に答えます。

パイナップルの形って面白いですよね。
猫が興味を持つのも、うなづけます。

本記事の内容

  • 猫にパイナップルを与えても大丈夫?
  • 猫にパイナップルを与える方法
  • 猫にパイナップルを与えるさいの注意点

上記のトピックを扱っています。

猫にパイナップルを与えても大丈夫?【答え:果肉のみ大丈夫です。】

結論をいうと「パイナップルの果肉なら食べても大丈夫」です。ただし葉や皮は固いので避けましょう。

パイナップルの果肉は食べても平気

パイナップルには猫に有毒な成分は含まれていません。
黄色く甘い果肉なら、猫に食べさせても問題はないですね。

葉や皮は固いからNG

猫に皮をむかず、葉っぱがついたままのパイナップルを丸ごと与えるのはNG。

葉や皮は固すぎて、猫が食べたとしても消化することができないからです。最悪の場合、腸につまって手術が必要になる恐れも、、、

そもそも人間もパイナップルの葉や皮は食べないですよね。そうであれば猫にも与えてはいけません。

結論:パイナップルの果肉だけを与えましょう。

普段、人が食べるように、パイナップルの果肉だけを猫に与えるようにしましょう。

猫にパイナップルを与える方法


猫に適したパイナップルの与え方をご紹介します。

生のパイナップルを与えるとき

・葉と皮と芯を取り除く
・細かくカットしてあげる

記事の冒頭でも紹介したとおり、硬い部分は取り除いてあげましょう。大きいと上手に食べられないので、キャットフードくらいの大きさにカットしてあげると良いですね。

パイナップルジュースにするとき

・ミキサーを使ってOK
・布でこしてもOK
・砂糖は入れない

ミキサーでジュース状にしてもOK。100%パイナップルジュースであれば、大量に与えない限りは大丈夫です。ただし砂糖を加えるのはNGです。

適量はどのくらい?

カットしたパイナップル→小さじ1杯
パイナップルジュース→小さじ1杯

上記のとおり。

どちらも小さじ1杯程度なら、与えすぎを防ぐことができます。主食はキャットフードにして、おやつやトッピングとして与えるのが良さそうですね。

猫にパイナップルを与えるさいの注意点


猫にパイナップルを与えるとき、注意することが3つあります。下記のとおり

  1. パイナップルの缶詰はNG
  2. アレルギーに気を付ける
  3. 糖質が多いので肥満になる恐れ

順番に解説していきます。

注意点①:パイナップルの缶詰はNG

缶詰のシロップには、大量の糖分や防腐剤が含まれているからです。缶詰は便利ですが、猫には適さないので、与えてはいけません。

また、同じような理由で、砂糖が入っているパイナップルジュースやパイナップルゼリーもNG。

注意点②:アレルギーに気を付ける

どんな食材でもそうなんですが、初めて与えるときはごく少量から始めましょう。

様子を見つつ、大丈夫そうなら徐々に量を増やしてあげます。

アレルギー反応を見せたら…

嘔吐や痒がる仕草を見せたら、すぐに与えるのをストップして、獣医師に相談しましょう。

注意点③:糖質が多いので肥満になる恐れ

パイナップルの食べ過ぎは、いろいろな病気の原因となります。

たとえば、糖分が多いので肥満の原因となるかもしれません。
また、食物繊維豊富なので、胃腸に負担をかけることも。

適量を守り、健康に影響がない範囲で与えるよう、飼い主さんが管理してあげましょう。

まとめ:猫にパイナップルを与えても大丈夫?

答え:果肉の部分なら与えても大丈夫です。葉や皮は固いので取り除きましょう。

パイナップルを食べる猫って、意外と珍しいと思います。
僕の知っている範囲の猫では、1匹もいませんね。

是非とも、与える量には気をつけて、パイナップルを楽しんでください!