タイ Thai

タイの基本情報

体重 2.5〜4kg
ボディタイプ フォーリン
毛の種類 短毛種
毛の色 各色のポイントカラー、ソリッド・ポイント、タビー、トータシェル、トービー・ポイント
性格 知的で、おしゃべり好き。愛情深いが、一人でいるのは好きではない。
登録団体 TICA、FIFe、GCCF

タイの特徴

ポイントカラー

タイの外見の特徴は、顔、耳、四肢、尾にあらわれるポイントカラー。

これは体温の低い部分の毛が濃くなるというもので、高齢猫になるほど全体的に色が濃くなるという。

トービー・ポイントとは?
トータシェルの黒い部分に模様がはいっているもの。

サファイアブルーの瞳

サファイアのような美しい目をもつタイ。
公認されている目の色は、鮮やかではっきりしているサファイアブルーのみ。

とてもおしゃべり

タイはよく鳴くことでも有名。

これはタイがとても賢い猫であり、飼い主に言うべきことがたくさんあるからだ。

一人っきりになるのが苦手…

タイは周囲と関わり、コミュニケーションを取るのが好きなので、一人っきりになるのは少々苦手。

とはいえ逆にいえば、積極的に猫と関わりたいという家族にはうってつけの猫。どんな遊びも好み、ボールをとってくることだってできる。

そんなタイと一緒にいるのは楽しいし、素晴らしいペットとなってくれるだろう。

タイとシャムの違い

タイとシャムは近縁種だが、体の大きさや頭の形がぜんぜん違う。

タイが全体的にがっしりとした骨格と丸い頭部なのに対して、シャムは究極のスレンダー体型を持っている。

タイはもともとタイ王国にいた猫の形に近いのに対し、シャムは猫種としての開発がなされている。

現在ではシャムの体型はスレンダーが主流になっていて、これを「エクストリーム」と呼ぶ。

一方でもともとタイ王国にいた猫の容姿に近いタイを、「オールドスタイル」と呼ぶ。

タイの歴史


タイはもともとタイ王国(昔のシャム)にいたポインテッドの猫。

アユタヤ王朝時代(1350〜1767年)に書かれた『Tamra Maew(猫の詩)』にもウィッチェンマートという名前で登場する。

19世紀にはイギリスに輸入が始まるのだが、タイからきた猫はすべてシャムと呼ばれたので、猫種としてのタイも同種として扱われていたのだ。

イギリスのブリーダーが「エクストリーム」と呼ばれる、究極のスレンダーボディを目指したのは、第二次世界大戦の直前で、

1980年代になると、エクストリームがシャムの主流となっていく。

タイとシャムの分岐

しかし、昔ながらのいわゆる「オールドスタイル」のシャムにこだわるブリーダーも存在した。

そんな愛好家たちが1980年代に、ヨーロッパやアメリカでオールドスタイルの種を保存する団体を設立。

1990年、WCF(世界猫連盟)がオールドスタイルの猫を「タイ」と名付ける。

ここがオールドスタイルシャムとエクストリームシャムの分岐点である。

2001年になると、タイからポインテッドの猫が輸入されるようになり、タイの遺伝子プールが拡大される。

そして2007年にTICAは「タイ」という名称でプレリミナリー・ニュー・ブリードに認定。

2009年にはアドバンスド・ニュー・ブリードに、
2010年にはチャンピオンシップ・ステータスに昇格したのである。