留守番中の猫を監視カメラアプリで見る方法【すぐ出来る】

猫を飼っていると、留守番中に一体どんなことをしているのか気になりますよね。

でも「ネットワークカメラを買うのは高いし、設定もめんどくさそう、、、」と思うと監視カメラを買うのに躊躇してしまいます。僕もまさにこんな感じ。

そこで、この記事では「無料で使える監視カメラアプリ」をレビューしてみました。

結論を先に言ってしまうと、「猫の大まかな行動の様子だけは見られる…」って感じでした。

とはいえ、簡単に試してみたいという方には導入する価値ありだと思います。無料で使えますからね。リスクはなしです。

留守番中の猫を監視カメラアプリで見る方法


では、さっそく監視カメラアプリのレビューと使い方の解説をしていきます。

必要なものは5つだけ

  • 監視カメラアプリ
  • 今使っている端末(ビューアー用)
  • 古くなった端末(カメラ用)
  • Wi-Fi
  • Gmailアカウント

上記のとおり

監視カメラアプリ

防犯・スパイカメラ・ペット・ベビーの見守りライブカメラアプリ

防犯・スパイカメラ・ペット・ベビーの見守りライブカメラアプリ
posted withアプリーチ

今使っている端末(ビューアー用)

スマホでもタブレットでも、パソコンでも視聴可能。僕はiPhone8を使いました。

古くなった端末(カメラ用)

カメラが使えてWi-Fiを使えれば、画面がバキバキでもOK。僕はiPadAir(第1世代)を使いました。

Wi-Fi

言わずもがなですが、インターネット環境が必要です。

Gmailアカウント

2台の端末をリンクさせるために必要です。
持っていない方はこちら≫Googleアカウントの作成からアカウントを作成しましょう。

初期設定方法

初期設定方法は下記のとおり

  1. 2台の端末に同じアプリをインストール
  2. カメラ、ビューアーを選択
  3. Gmailアカウントにログイン
  4. ログイン完了!カメラが立ち上がる

順番に解説していきます。

①2台の端末に同じアプリをインストール

まずは、2台の端末に同じアプリをインストールします。
alfred-camera-02

②カメラ、ビューアーを選択

どちらの端末をビューアー/カメラに設定するか聞かれるので、持ち歩いてライブ映像を確認する方を「ビューアー」、監視カメラとして使う方を「カメラ」と指定して次に進みます。
alfred-camera-06

③Gmailアカウントにログイン

2台とも同じアカウントでログインしましょう。
alfred-camera-07

④ログイン完了!カメラが立ち上がる

ログインが完了すると初期設定が終わりです。ビューアー側は下記のような画面になります。
alfred-camera-08

カメラセッティング

初期設定まで完了したら、カメラ端末をちょうど良い位置に設置して監視開始。

固定するスタンドとか、三脚があればガッチリ固定する事もできるんでしょうが、僕は持っていないのでスマホスタンドにiPadを乗せて設置しました。

alfred-camera-iPadsetting

結論:無料だと見れない事もないが、画像が荒い。


無料のわりには十分な機能ではないでしょうか。僕は十分満足ですね。

240pでの見え方はこんな感じ↓↓↓
alfred-camera-shot
とりあえずお試しで猫の様子を見てみたいという方におすすめです。
マイクボタンを押しながら「ミーちゃん!」と呼びかけてみますが、無反応、、、

とはいえ、無料版だと画質が最大240pまでしか見られないのがデメリットですね。

動きに関してはこんな感じ↓↓↓

上記のとおり

今どき240pの画質って荒すぎて見るのに耐えられないですよね。YouTubeでさえ自動で1080pのフルHD画質ですから、それに慣れていると「マジかよ、、、」ってなります。

なお、課金すれば画質を780pまでUPすることもできますが、そこまでするかは正直微妙、、、試してみたいって方は1ヶ月400円でプレミアムプランを解放できます。

監視カメラアプリの注意ポイント


監視カメラアプリを使ってみての注意ポイントをまとめてみました。下記のとおり

  • カメラの置き場所が難しい
  • 固定ネットワーク回線がないと通信料金ハンパない
  • 充電しながらの録画が必須
  • 暗い場所では何も映らない、、、

サクッと順番に見ていきます。

カメラの置き場所が難しい

猫が移動してしまうとカメラで追えないというのは、意外とストレスになる問題です。最善のカメラポイントを探していかないといけないのですが、これが意外と迷いました。

例えば、部屋全体をうつそうとするとかなり高いポイントにカメラをセッティングしないといけません。逆にスポット的にうつそうとすると、猫が移動した時に何も映らなくなります。

「どうしたもんかなぁ」と考えましたが、今回はとりあえずという事で、ひとまずこたつの周りにセッティングしてみることにしました。

猫が移動すると、カメラで追えないから、設置する場所は考えた方がいいですね。

固定ネットワーク回線がないと通信料金ハンパない

4Gなどの携帯回線を使ってしまうと、上限に引っかかる可能性があるので注意。
必ずお家のWi-Fiにつないで使いましょうね。

とはいえ、10分とか短時間なら全く問題はありませんから、お昼休みにちょこっと覗くくらいなら通信量は気にしなくてもいいレベルです。

充電しながらの録画が必須

こういったアプリというのは、バッテリーの消費が激しいです。それに加え、古くなった端末も大抵はバッテリーが弱っているので、バッテリーの消費は避けられないですね。

フル充電でセッティングしておくか、充電ケーブルをつなげておくのをお忘れなく!

暗い場所では何も映らない、、、

当然赤外線カメラとかは内蔵していないので、暗い場所では真っ黒!夕方から夜の撮影は無理ゲーです。

仕事により「夜まで帰宅できないよー」って方は、明るめの豆電球をつけておくといいかも。それか自動で照明がつくように準備する必要がありますね。

最近だと、LED照明に「自動点灯・自動消灯」する機能が搭載されている製品もあるので、自宅についている照明のリモコンを一度確認してみましょう。

今回観察した猫:ミー(アメショー/メス/14歳)よく寝る。

mi-neko-image
おっとりした性格の猫なので、観察に最適な猫です。

とはいえ、ほとんど寝てばっかりの猫だから、画面に変化が無いというデメリットも、、、でも可愛いのでOKです!

まとめ:猫の留守番中の様子をアプリで見る

この記事では、留守番中の猫を監視カメラアプリで見る方法をご紹介してきました。

必要なもの

  • 監視カメラアプリ
  • 今使っている端末(ビューアー用)
  • 古くなった端末(カメラ用)
  • Wi-Fi
  • Gmailアカウント

初期設定方法

  1. 2台の端末に同じアプリをインストール
  2. カメラ、ビューアーを選択
  3. Gmailアカウントにログイン
  4. ログイン完了!カメラが立ち上がる

上記のとおり

とりあえず猫の大まかな様子だけ見られればOKって方にはおすすめのアプリです。子猫なら、ケージに入れてお留守番を見守るのに最適かもですね。