猫を叱るとお腹を見せる理由【正しく叱ってケアをする方法】

猫を叱ると決まり動作のように、お腹を見せて許しをこうような仕草をすることがあります。

実はそれ、ぜんぜん反省していないかも!?

猫の気持ちを理解すると、上手に付き合う方法がわかってくる。

今回の記事で、猫の気持ちと正しい叱り方をマスターしましょう。

猫を叱るとお腹を見せる理由


なぜ決まり動作のように、叱ると決まってお腹を見せるのでしょうか?それは、

叱られたら、このポーズをすれば許してくれる」と知っているからです。

もしくは、

「飼い主は、反撃しようとするとすぐに逃げる、チキン」と思っている可能性も。

猫がお腹を見せる動作をする理由というのは、シチュエーションで変わってきます。

よく犬のように「服従」を意味しているんだ。と言われたりしますが、それは間違い。

そもそも猫は単独で生きている生き物ですから、服従するメリットなんてさらさら無いんですね。

ですから、「叱って猫がお腹を見せたら反省している」と考えるのも間違いです。

本当は反省していない可能性すらあるんです。
≫【反撃の意思】猫がお腹を見せるのは「服従」のポーズではない!

でも、どうして猫はこう考えるようになってしまったんでしょうか?

飼い主さんが一度でも猫を許すと、それを記憶している


飼い主さんが下記のような行動をしてしまったら、猫が前の見出しのように考えてしまうことでしょう。

猫を叱ったけど、お腹を見せるのがかわいすぎて、つい許してしまった。

これはNG。

飼い主さんに、一貫性がなく、今日は叱ったけど明日は許そう。なんて考えていても危険です。

猫は、「叱られたら、このポーズをすれば許してくれる」と覚えてしまいます。

そしてそれを繰り返すようになるのです。

数回繰り返して成功したら、猫は「これは効果的だ!」と確信する

これで大きな問題がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、完全になめられて、全くいうことを聞かなくなってしまったり、攻撃的になってしまうこともあるので、

あまりいい状況では無いと思います。

ではどうやって叱ったらよかったのでしょうか?

猫の正しい叱り方とは?


ポイントは下記の3つ

  • 叱るタイミング
  • 一貫性
  • 猫に嫌なイメージを持たせる

サクッと見ていきましょう!

猫を叱るタイミング

猫を叱るタイミングは、猫がいたずらをする直前、最中、直後の3つです。

このタイミングを逃さないようにしましょう。絶対に。

上記のタイミング以外で猫を叱ってしまうと、猫は「何に対して叱られているのかわからないにゃ?」と混乱してしまいます。

一貫性を持って徹底的に叱る

なんだか厳しい感じもしますが、簡単に言えば、

やってはいけない事には、徹底的に叱る。ということです。

同じいたずらをしても、昨日は叱られたのに今日は叱られない時があると、猫はまたしても混乱してしまいます。

「これはやってはいけない事なんだにゃ」と猫が完全に覚えるまで、徹底するのがポイント。

「外出中はどうするの?」と疑問に思われるかもしれません。

外出中は仕方ありません。叱ることはできないですね。でも飼い主さんが家にいるときは、なるべく徹底することができます。

猫に嫌なイメージを持たせる

「この行動をすると、毎回嫌なことがあるな」と覚えさせることが、猫を叱るポイント。

具体的には下記のとおり

  • 霧吹きで、ごく少量の水を猫にかける
  • 手をたたくなどして、大きな音を出す
  • かんきつ系の猫が嫌がる匂いをまいてみる
  • アルミホイルを敷く(感触が嫌らしい)

猫の嫌がることを根気よく続けていけば、だんだんやめてくれそうですね。

もう1つ重要なことがありまして、

嫌なことをする犯人が、飼い主さんだと気付かれずにやる。

気付かれると、飼い主さんが猫に嫌われてしまうから。こんなに悲しいことはないですね、、、

物陰に隠れるなどして、徹底的に飼い主さんの存在を気がつかれないように注意です。

気がつかれそうになったら、徹底した知らんぷりをすれば、案外乗り切れるかも?

猫を叱った後のケアも大切


猫を叱った後は、しばらく干渉せずそっとしておくといいそうです。

猫の気持ちが落ち着いたころに、普段とおなじ接し方をすれば、猫も安心して暮らすことができます。

猫がなんども同じいたずらをすると、「はー、また同じことやってるー」と感情的になってしまうこともあるかと思います。

猫を叱るときは、その気持ちをグッとこらえてください。

猫をしつように追いかけ回したり、体をたたくと、猫に恐怖を与えてしまうからです。

最悪の場合、猫との関係が修復できないほど、嫌われることがあります。動物虐待も疑われるかもしれません。

猫も頭がいい動物

ですから、ある程度の経験をすれば自分で判断できるようになります。

猫によっては時間がかかることも珍しいことではないので、やはり辛抱強く教えていくことが大切なんですね。

猫を叱るとお腹を見せるまとめ

この記事では、猫を叱るとお腹を見せる理由から発展して、猫の正しい叱り方までを解説しました。

  • 猫は「叱られたら、このポーズをすれば許してくれる」と記憶します。
  • それは飼い主さんの叱り方に問題があるから。
  • 猫を叱るタイミング、一貫性、やり方を工夫して、正しく叱りましょう。
  • 叱った後はしばらくそっとしておいて、気持ちが落ち着くのを待ちます。

猫と一緒に暮らしていくには、お互いにルールが必要です。

決定権は基本的には飼い主さんにありますから、それを根気よく猫に教えていくことができますね。

お互いに理解し合えば、本当に楽しい猫ライフを堪能することができるでしょう。