猫の爪って英語でなんて言うの?【正解はclaw(クロー)です。】

「”猫の爪”って英語ではなんて言うの?」

日本語だと、人間も猫も「爪」という1つの言葉で表現できてしまいますが、英語の場合はちょっと違います。

実はnail(ネイル)ではないんです。
ではどうやって言うのでしょうか?

さっそく見ていきましょう!

猫の爪って英語でなんて言うの?【正解はclaw(クロー)です。】


猫の爪って英語でなんて言うの?

猫の爪は英語で「cat claw」と表現します。

複数形にしたければ「cat claws」となりますね。
発音は「クロー」

名詞としてのclawの意味

clawとは、動物などの鋭い爪のこと。

ライオンの爪→lion claw
トラの爪→tiger claw
クマの爪→bear claw

などなど鋭く曲がったかぎ爪を持っている動物なら、なんでも応用が効きます。

カニ・エビなどのはさみ

ほかにも、カニやエビなどのはさみのことを指して使われる場合もあります。

カニのはさみ→crab claws
エビのはさみ→shrimp claws

動詞としてのclawの使い方

〇〇を爪でひっかく、かきむしる

「claw」は動詞としても使えます。たとえば下記のとおり

The cat is clawing the door.
(猫がドアをひっかいている)

nailとclawの違いは?


どちらも日本語では「爪」のことを指しますが、どのような違いがあるのでしょうか?

主に2つの違いがあります。

nailとclawの違い1

  • 人間に使う場合→nailを使う
  • 動物に使う場合→clawを使う

nailとclawの違い2

  • 人間の平たい爪→nail
  • 曲がっている爪→claw

上記のとおり

「爪を持つ者が何か?」または「爪の形状」によってnailとclawを使い分けています。

少し話がややこしくなりますが、猫の爪を表現する場合はclawでもnailでも通じます。どちらを使ってもOK。

○cat nail
○cat claw

しかし人間の爪を表現するときには、clawを使ってはいけません。

例文:爪を噛むのをやめなさい
○You must stop biting your nails.
×You must stop biting your claws.

英語圏の方々はここらへんを使い分けているようです。日本人には少し理解が難しい部分かもしれませんね。

猫の爪に関連するさまざまな英語表現


猫の爪を「claw」というのはわかりましたね。ここではそのほかの、猫の爪に関連する英語表現をご紹介したいと思います。

爪とぎ

A cat sharpens her claws.
(猫が爪をとぐ)

Cats like sharpening their claws. 
(猫は爪をとぐのが好きだよね。)

a cat scratcher
(爪とぎ器)

ひっかく

I was scratched by a cat.
(猫にひっかかれた)

The cat is clawing the door.
(猫がドアをひっかいている)

猫の爪

Cats hide their claws.
(猫は爪を隠す)

まとめ:猫の爪は英語で「claw」と言う

この記事では、猫の爪の英語をご紹介しました。

  • 猫の爪は英語で「claw」
  • clawとは、動物などの鋭い爪のこと
  • 動物には使えるけど、人間には使えない

これで世界の猫好きさんとも繋がることができますね!