ターキッシュバン Turkish Van

ターキッシュバンの基本情報

体重 4〜7.5kg
ボディタイプ ロング&サブスタンシャル
毛の種類 長毛種
毛の色 あらゆる色とパターン
性格 とても賢く活発で、遊びも大好き。水も好き。
登録団体 CFA、TICA、GCCF、FIFe

ターキッシュバンの特徴

バンパターン

バンパターンとは、胴がまじりけのない白で、頭と尾だけに色があり、その中に色の濃いしま模様が入ったパターンのこと。

すべてのターキッシュバンにはこの「バンパターン」がある。
もっとも正統なのは、真っ白の胴にレッド(赤茶色)のしま模様。

ちなみに「バン」は、中東地域では一般的な用語で、多くの町、村、湖にもつけられている。

そのため、この地域から自然発生した猫に「ターキッシュバン」と名付けられたのはごく自然なことなのだ。

ターキッシュアンゴラとの違い

ターキッシュバンとターキッシュアンゴラ、名前は似ているがまったく違う猫種である。

並べて観察するとその違いがよくわかる。
体のタイプ、大きさ、被毛がまったく違う。

よくある誤解は、ターキッシュバンはターキッシュアンゴラのカラーバリエーションであるというもの。

実際には、違う猫種であるので、注意したい。

水を恐れない珍しい猫

ターキッシュバンの被毛は、表面を水がコロコロ転がっていくほど撥水(はっすい)効果が高い。

暑い日にはプールやお風呂に飛び込むなど、水遊びを楽しむという。

こうした特性から、「スイミングキャット(泳ぐ猫)」という愛称で呼ばれることもある。

ターキッシュバンの歴史

最古の猫

ターキッシュバンは、猫の中でももっとも古い種の1つと考えられている。

その歴史は紀元前までさかのぼり、トルコのハジュラル遺跡から、紀元前5000年頃の小像が発見されている。

猫を連れた女性をかたどった象なのだが、その猫がターキッシュバンの祖先ではないかと考えられているのだ。

中世と絶滅の危機

中世にはすでにその存在が確認されていた。

しかし20世紀には、その数は減少を続けていき、絶滅寸前にまで追い込まれてしまう。

ターキッシュバンの救出

この危機を救ったのは、2人のイギリス人、ローラ・ラシングトンとソニア・ハリデイだった。

彼女たちは1955年にトルコ観光局の依頼で、トルコを旅行しながら、観光客の興味がありそうな場所を撮影していた。

そこにいる間、バンパターンの長毛の白い猫がいることに気がつき、興味を持ち始める。

その後、取材中であったが、トルコのツアーに参加した時に、一緒に車に乗って過ごしていた2匹のターキッシュバンのペアを贈られた。

暑さをやわらげるため小川や池の近くに立ち止まった時、その子猫たちが水に入って泳いだことに驚いたという。

取材が終わると、彼女たちは一緒にイギリスに戻り、繁殖を始めたのだ。

有力なブリーダーのサポートを得られたこともあり、1969年にターキッシュバンはGCCFに正式に認定された。
TICAは1979年に認定している。